中飛車を極める目的別のオススメ書籍【将棋入門者・初心者必見】

投稿者:

プロアマ問わず最も人気のある戦法の一つである中飛車。

狙いがわかりやすく、どんな戦法に対しても互角に持ち込めるので、
初心者にも上級者にもオススメの戦法です。

今回は、中飛車の書籍(棋書)でオススメのものを目的別に紹介していきます。

入門の一冊

将棋DVD 攻めて強くなる戸辺流中飛車

まず初心者が手に取るべき一冊はこちらです。
DVDで学習→次の一手形式(クイズ形式)で復習という画期的な内容で、初心者にとてつもなく優しい構成になっています。

内容的にも、VS居飛車、VS振り飛車と、広く方針を網羅しています。
この一冊だけ読んで実践を詰めば、誰でも3級までは行けてしまいます

 

中飛車対策

プロ間ではまず現れないが、アマチュア的にはよくあらわれる中飛車VS中飛車。
打開が難しく、一歩間違えると一気に敗勢に陥ってしまう怖い戦形です。

中飛車は万能戦法なので、相手がどんな戦法できてもわりと互角以上に戦えますが、
相中飛車だけは、対策を知らないとまったく指せないので、真っ先に勉強するべきでしょう。
遭遇率もかなり高いです。

これが決定版!相中飛車徹底ガイド

相中飛車を扱った貴重な一冊。
藤井聡太プロの師匠、杉本七段の著作です。

対中飛車の手筋(テクニック)満載でオススメです。

振り飛車最前線 対中飛車 角道不突き左美濃

中飛車の名手である都成竜馬五段による、中飛車破りの一冊

私は基本的には普段中飛車しか指しませんが、
相手が先手中飛車を指してきた場合は、居飛車も持ちます。
この戦法は、アマチュアでも指しやすい。
(後に述べる「超速」は中飛車に対して比較的有利に戦えますが、アマチュアが指しこなすのは難しい)

相振り対策

こちらの中飛車に対して、相手も飛車を振ってきた場合の対策。
ここでは四間飛車・三間飛車・向かい飛車対策の本をご紹介します。

対振り革命 中飛車左穴熊

東大将棋部が生み出した左穴熊戦術。
相振りが苦手だと感じたら、ぜひこの一冊を手に取ってみてください
プロ間でも有力視されていて、先日NHK杯で藤井聡太七段に勝った今泉四段は、この戦法でプロになりました。

居飛車対策

振り飛車最前線 ゴキゲン中飛車VS超速▲4六銀戦法

おそらく現時点で中飛車に対する最善の対抗策がこの超速です。

中飛車は指しやすい戦法なので、対居飛車なら普通に指していけば互角に戦えますが、
超速相手の場合は対策を知っておく必要があります。
知らないとあっという間に抑え込まれてしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA