僕が割高でもドリップバッグコーヒーを購入する理由

投稿者:

コーヒーがめちゃくちゃ好きで、ビールよりもコーヒーが好きな天川です。

毎日、ドリップコーヒーを2杯、インスタントコーヒーを2杯と言った具合でかなりコーヒーを飲みまくっています。

しかし僕は粉を買って、器具を使ってドリップをするということはありません
ドリッパーもフィルターも持ってません。

代わりにドリップパック愛用しています

ちなみに、ドリップコーヒーというのはこういうやつ

もちろん粉を買うよりも割高です
でも、少々高いお金を払っても、大きなメリットがあると確信しているので、
今日はドリップバッグコーヒーの良さをご紹介していきます。

皿洗いをしたくていい

ドリップバッグを使う一番の理由は、皿洗いを一切したくないからです

僕はコップも紙コップを使っています。
そのためコーヒーを何杯入れても洗い物は0。

僕がこの話をするともったいないという風な意見をもらうことがあります。
でも本当にお金がもったいないのでしょうか。

いえ。実は器具を使って、コーヒーを入れて洗い物をする方がはるかにもったいないんです。

もし仮にコーヒードリッパーを使ってコーヒーを入れたとします。
その場合ドリッパーを洗わないとといけません。
まぁ、ささっと軽く洗うだけなので2分もあれば洗えるでしょう。

つまり、僕は、2分を節約するために、私は50円のお金を出してドリップバッグコーヒーを購入していることになります。

これを高いと見るか、安いと見るか。
少なくとも、僕の例で考えると、安いと思います。
というのも僕の「分給」は33円だからです。

私は何の変哲もない平社員サラリーマンです。
でも平社員なので残業をすれば残業代がもらえます。
残業代はざっくり言って1時間2000円。
だからこれを60で割って1分あたりの残業代を出すと33円になるのです。

そしてドリッパーを使った場合洗うのに2分かかります。
仮にコーヒー豆代がタダだったとしても、残業をしていれば得られたはずの66円分損をしている計算になります。

一方ドリップバックコーヒーを使えば、50円で2分の時間を買うことができます。

どちらがお得かは言うまでもありません。

コーヒーを飲むだけでなく、入れことそれ自体が趣味だという人であれば別ですが、
僕のようにライトにコーヒーを楽しみたい人はドリップバックコーヒーの方が経済的という風に言えるのです

小分けになっているので長期間保存することができる。

ドリップバッグコーヒーの二つ目のメリット。
それは小分けになっているので長期間保存することができることです。

普通の粉のコーヒーを購入した場合だいたい2週間ぐらいで飲みきらないと酸化して美味しくなくなってしまいます。

でもドリップバッグコーヒーなら数ヶ月以上美味しい状態をキープすることができます。

開けたらすぐに飲まなくちゃいけないというプレッシャーから解放されるだけでもドリップパックコーヒーを買う価値はあると思います

色々な味を交互に楽しめる。

長期間保存ができるというメリットの恩恵なのですが、
色々な種類を購入しておいて、好きな時に、好きな種類を飲むということができるのもドリップパックコーヒーのメリットです

自宅ドリンクバー状態ですね。

牛乳を入れて飲みたい時はビターなもの、
アイスで飲みたい時はライトな口当たりのもの、
みたいにその時自分が一番飲みたい種類のコーヒーを飲める。
これが結構いいです。

ドリップバッグコーヒーはガチでおすすめです

というわけで今日は私があえて高いドリップバッグコーヒーを購入している理由をお話ししました。
特に一人暮らしの人にはドリップパックで購入するのがおすすめです。

みなさんも是非ドリップバッグコーヒーの購入を検討してみてください。

それではまた。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA