私がGDP Pocketを購入した2つの理由

投稿者:

先日、GDP Pocketを購入しました。
今日は、私がGDP Pocketを購入した2つの理由を書いていこうと思います。

ボディバッグ一つで旅行に行きたかった

私が、GDP Pocketを購入した最大の理由がコレです。
私はとにかく旅が好きで、海外や県外旅行はもちろん、自転車や徒歩でのお出かけもよくします。

そんな中「ボディバッグ一つに最低限の荷物だけ詰めて旅行をしてみたい」という欲が出てきたんです。

そのためには、いろいろ工夫をして荷物を少なくする必要があります

しかし、どうしてもノートパソコンだけは絶対に旅行に持っていきたい
それは旅行中こそ、スキマ時間が発生するからです。

例えば、友人と旅先で現地集合すると、友人のバスで遅れて、
田舎で3時間待たされるなんてことが結構あったりします。
そんなとき、ノートパソコンを持っていれば、最悪ベンチしかないところでも、
何か作業をして待つことができます。

だから、旅行の時にこそ、ノートパソコンが必須なんです。

でも普通のノートパソコンは、普通のボディボディバッグには絶対入らないですよね。

旅行にノートパソコンを持っていきたい。
でも、ボディバック一つで旅行したい。

そんな二つの願いをかなえてくれるのがGDP Pocketでした。

なにせ、GDP Pocketは7インチ。ボディバッグにも余裕で入ります。
それでいて、執筆マシンとしてもかなり高いレベルにある、ほぼフル機能のノートパソコンです。

これほど旅行にピッタリのデバイスはありません。

喫茶店などでさっと取り出して作業したかった

二つ目の理由がコレ。

今までは、コメダやスタバと言った「作業をしていても違和感がない喫茶店」で作業をしてきました。
しかし、いわゆる普通の純喫茶や、マックといった「作業するための場所ではない店」等でも作業をしたいなぁと思ったんです。

でも、純喫茶やマックでは、ノートパソコンやA3の参考書を開いたりするのはさすがに気が引けます。
でも、スマホをいじったりや文庫本を読むだったら、なんの遠慮もなくできますよね?

なぜかというと、やっぱり大きさが一つの要因だと思うんです。
ノートパソコンやテキストは場所をとるので、「いかにも腰を落ち着けて作業しています」感が出てしまうんです。

一方、スマホなら「あくまでコーヒーを飲んでいる間いじっているだけですよ」という雰囲気になる。

つまり、スマホくらいコンパクトなデバイスであれば、喫茶店やマックなどでも、心理的に使いやすいんと思うんです。
(いや、本当に気分の問題なんですけどね。小心者なんです)

そこで、コンパクトだけど、通常のノートパソコンくらい本格的に作業ができるGDP Pocketを購入したんです。

実際、マックや喫茶店の小さいテーブルでGDP Pocketを開くと、ものすごくおさまりがいいんですよね。

おかげで、本当の場所にとらわれずに作業できるようになりました。

 

というわけで、二つの理由でGDP Pocketを購入しましたが、
本当に満足しています。

特に外出先で作業をしたいという方、ぜひGDP Pocketを購入されてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA