【キーボードソムリエ】HHKB lite2

投稿者:

定期的に新しいキーボードが欲しくなる天川です。

今までパンタグラフ、メカニカルのものを一通り試したので、
いよいよHHKBが欲しいなぁ思い始めた今日この頃。

しかしご存知の通りHHKBは有線タイプのものでも二万円、無線タイプのものは三万円もする、キーボードの中のキーボード。
おいそれと手を出せる代物ではありません。

しかも数あるキーボードの中でもかなり癖のあるキーボードとして知られています。
もし三万円も払って買った挙句合わなかったら目も当てられない。

ということで、HHKBを買う前に、まずは廉価版であるHHKB lite2を購入してみました。


今日はしばらく使ってみての感想を書いていこうと思います。

<外観・重さ等……普通>

重さは680g。
軽くもなく、めちゃくちゃ重たいわけでもなく。
ギリギリ鞄に入れて持ち運べるかな……というところ。

外見については、正直高級感はないです、ごく普通のキーボードという印象。

 

<うち心地は……まぁそれなりに良いが重たい>

本家のHHKBと違って廉価版のlite2はメンブレン式。
正直ちょっと心配していたのですが、個人的には及第点だと思います。

少なくともメンブレンのキーボードの中ではかなり優秀なうち心地だと思っています。
昔ながらのキーボードと言えばいいのでしょうか。
しっかり打っているという感じがします。
スイッチ感がかなりあります。

ただ、メカニカルの青軸や赤軸に比べれば少し重たいので、
長めの文章を打っていると、やや疲れます。
(逆にthinkpadやメカニカル式は優秀なんだなぁと再認識しました)

<キー配列は……悪くはない?>

今回購入したのは日本語式ですが、個人的にはかなり打ちやすいと思います。
普段私はthinkpadのキーボードを使っているのですが、
大きさはほぼ同じくらいで、まったく違和感なく使えます。

ただ、逆に言えばHHKBならではというほどのものは感じられませんでした。
少し打ちやすい、ごく普通のキーボード、という印象です。

 

<総括>

悪くないキーボードだと思いますが、
ものすごくお勧めするほどでもないというのが正直な感想です。

私は本家のHHKBを買う前に使ってみようという目的で購入しましたが、
そういう目的であれば、英語版を買った方がいいかもしれません。

少なくとも日本語版をあえて買うメリットは正直ないと思います。

 

↓試すならUS配列を試すべき。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA