ミニマリストしぶさんの「less is」 を全製品を買ってみた

投稿者:

ミニマリスト思考な人間の「かゆいところ」を狙って展開されている、めちゃくちゃ尖ったブランド「less is」。私も愛用していて、現在発売されている全商品を購入して愛用しています。

そこで、それぞれの製品について、レビューと気になるところなどをまとめていきたいと思います。

手ぶら財布

スマホだけで外出するというイノベーション

手ぶら財布は本当に唯一無二のアイテムですね。これがないと、もう僕の生活は成り立たないです。

やはり、財布とスマホを合体するというアイディアを、現実的なところに落とし込んだところは、本当に素晴らしいイノベーションですね

カバンにサブ財布を入れておく「二つ持ち」が現実的かな?

念のために言っておきますが、いきなり普通の人間がこの財布だけで生きていくのは不可能です。

手ぶら財布は、カードは3枚ほど入りますが、会社員だったら、運転免許証、保険証、会社IDカード、会社の経費精算用のクレジットカード(私的利用不可なはず)、自分用クレジットカード、定期券くらいは持ち歩くマストアイテムと思います。このうち3枚しか持ち歩けないとなると……かなり厳しいですよね?

特に、運転免許証や保険証など、毎日必要なわけではないけど持ってはおかないといけない、というカードが結構多いんですよね。サラリーマンの性です。

また、会社の売店や近くの飲食店がキャッシュレスに対応していない人は、どうしても小銭が必要になるタイミングもあるでしょう。

なので、現実的にはバッグに「薄い財布」や「旅行財布」などを入れておくことになると思います。

なんだよ、「二つ持ち」なんてミニマルじゃない!と思うかもしれませんが、個人的には「ポケットのものが一つだけ」ということだけでも革命的なんです

旅行財布くらいなら、バッグに入れてもほとんど気にならないですしね。

私の場合は普段使わないけど、毎日使うもの以外は旅行財布に入れてカバンに入れておき、ポケットには手ぶら財布だけという運用にしています。

もちろん、近所のコンビニにいくときや、散歩する時は手ぶら財布だけで出かけます。

繰り返して使える粘着シートは若干弱い……

(スマホを結構な頻度で変えるので)繰り返し使える粘着シートというのに魅力を感じているのですが、粘着力がちょっと微妙。最初、すぐに剥がれてしまって、「使い物にならん!」と憤りました。

しかし、写真のように、商品説明のページにあるのと逆にシートをつければ、剥がれません。中に入れるカード次第で、ちょっとかっこ悪い見た目になるのですが、しかし許容範囲と思います。

小銭入れは緊急用と割り切ること

小銭入れはあくまで緊急用と思ってください。数枚は入りますが、「薄い財布」のようには使えません。また、お札についても、使用すると小銭に崩れて、入りきらない事態に陥るので、あくまで現金は緊急用と割り切ってください。

「日々をカード3枚で生きていける人」に向いている

きっと購入を検討している人は、「これで本当に生きていけるか?」という不安があると思います。

私的にはまずは「薄い財布」で練習してみることをおすすめしたいですが、まずは手ぶら財布を買おうという人は、ぜひ「自分がカード3枚だけで、ほんとど毎日を生きていけるか?」を考えてみてください。

私の場合、クレカ、定期券、社員証と、五千円札・千円札各一枚を入れて持ち歩いています。

手ぶらエコバッグ

メンズが使っても違和感がないエコバッグ

やはり手ぶらエコバッグの最大の特徴は「若者が使っても違和感がない」ということです。エコバッグといえば「主婦のもの」というイメージが強いアイテムが多いですから、おしゃれなエコバッグというだけで価値があります。

大きさの割に容量は少ないので注意

注意したいのは、大きさの割に容量はあまり大きくないということ

100均一で買った小さいバッグの方がかさばらないのに大容量です。

生地ががしっかりしているぶん、普通のエコバッグよりも容量が小さいんですね。正直使い勝手はおしゃれさとトレードオフになっています。

ただ、普通に使っている分には困らないと。逆にスーパーなどに行っても「買いだめしないように!」と思うようになるので、ミニマリスト的にはメリットかも

薄いリュック

ありそうでない薄いリュック

私は長年「日常使いのバッグ問題」を抱えていました。ウエストポーチ、ナップサック、クラッチバッグなど色々試したんですが、どうも腰に負荷がかかってしまったり、両手が塞がって不便だったりと、結局普通のリュックが一番というのが暫定の結論でした。

ただ、やはりミニマリスト的に言えば、普通のリュックは日用使いにはオーバースペック。財布とmacbookとティッシュだけ入れば、それでいいのに、なぜこんなに大きいんだ、と悩んでいました。

特に最近散歩する機会が増えたので、なるべく身軽に出かけたいという願望が日に日に増していました。

単に「薄い」リュックも、ないわけではないのですが、ただスポーツブランドのもので見た目が会社に持っていくには適さないものが多かった。

そんな中めちゃくちゃスタイリッシュでミニマルなデザインの「薄いリュック」がでたので、即買いでした。

 

見て欲しい。この薄さを

薄いリュックと、今まで使っていたデイバッグと比べると、「今までこんな大きなものを毎日背負っていたのか……」と驚愕しますね。

写真のバッグは長年愛用しているノースフェイスのデイシャトルバッグ。スタイリッシュで最高なバッグですが、それでもやはり薄いリュックと比べてしまうと、薄さの違いは一目瞭然。

ミニマルだけど、腰に優しい

ショルダーバッグにしても、ハンドバッグにしても、リュック以外のバッグというのは、どうしても、腰に負荷がかかってしまいますよね。

次点の策として、今まで当ブログではナップサックを押していましたが、やはり荷物を紐だけで支えるので、体への負荷は少なからずありました。

ミニマルなのはいいけど、体に悪いのでは、使う気になれません。

その点、薄いリュックはベーシックなリュックの形状をしているので、他の薄い・小さいバッグと違って、腰に負荷がかからない。

毎日の外出、散歩などに最適ですね。

less isは「尖り」が本当に素晴らしいブランドです

というわけで、less is の全商品のレビューをしてきました。

かなり尖っていて、使用者を選ぶアイテムが多いですが、それだけにハマった時には、唯一無二の相棒になります。

やはり、しぶさん自身が毎日試行錯誤して生活する中で、今までなかったが、ミニマリスト的にはベストなものを作られているので、唯一無二の製品ばかりです。

ミニマリストにはぜひおすすめしたいです。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA