選び方を間違えると大損する。「ノイズキャンセリング」や「耳栓」の選び方

投稿者:

この数ヶ月、仕事や睡眠の質を上げるために、各種のノイズキャンセリンググッズを試してきました。
数万円する高級なヘッドフォンからダイソーの耳せんまで色々試したのですが、
自分がガチでノイズキャンセリング・耳せんについて勘違いしてたなと気がつかされました。

なので「ノイキャンセリング」や「耳せん」について、私が学んだことをシェアしていこうと思います。

ノイキャン・耳せんについてわかったこと

①単なる耳せんはほぼ効果がない

ほんと、何種類か高いやつから安いやつまで耳栓を試したのですが、どれも一様に効果がありません

確かにうるさい音が「軽減」はされますが、「集中する」という目的で言えば、うるさい音が聞こえてる時点でマジでなんの意味もない

例えば隣で工事をしていて、軽減されるだけでもありがたいというような特殊な人でもない限り、耳栓はマジで買う意味がないです。

最も、耳栓は一部の者を除いて数百円程度〜千円程度と安いので試してみるのは悪くはないと思いますが。
期待は禁物です。

 

②「ノイズキャンセリング」で「無音になる」は嘘

耳栓は効果がないとわかったので、次に「ノイズキャンセリング」機能がついたヘッドフォンを使いました。

が、これについても過信していました。

レビューとかブログを見ると、「無音になる!」みたいな口コミを耳にしたりしますが、完全に嘘です
というのも、ノイズキャンセリングは、「ある特定の音域の音を消す」ものなので、消せる音と消せない音が明確にあるからです。

以下は主なものですが

消せない音
・人の声
・キーボード音
・セミの鳴き声
・遠くで何かが擦れる・ぶつかる音

消せる音(軽減される音)
・空調の音
・洗濯機・乾燥機の回る音
・エンジン音

という訳で、消せる音は、何かが「回る」ような音だけで、
そのほかの「雑音」と感じる多くのものが「消せない」わけです。

特に大事なのは「人の声は消せない」ってこと。

つまり、カフェなどで人の声を消すためにノイキャン機能を使うことはできないのです

なので、騒がしいところで集中したいならば、普通のイヤホンで音楽を流すしかありません
ノイキャン機能だけでは騒がしい音を消せる訳ではないんです。

結局、どの商品を買うのがいい?

という訳で、色々試した末、目的別に商品の選び方がわかりましたので、まとめます。

①カフェなどで集中したい人→耳栓やノイキャンイヤホンを買う必要はなし

カフェなどパブリックな場所で集中して勉強をしたい、という人は、ノイキャンイヤホンや耳栓を購入する必要はありません。

どんなグッズを使用しても、どうせ音を消すことはできないからです。

なので、普通のイヤホンを使って、音楽やヒーリングミュージックを流しましょう

②飛行機などでの移動中に、睡眠のために使いたい人→キングジムの耳栓

飛行機や電車などでの移動中に、エンジン音や空調の音を消して快適に過ごしたい、という人は、キングジムのデジタル耳栓がいいです。

こちらは、音楽を聞く機能はなく「ノイズキャンセリングイヤホン」の「ノイズキャンセリング機能だけをつけて耳栓です。

普通の耳栓と違い、ちゃんと音を軽減します

また、電池持ちもするので、睡眠中に電池が切れる、なんてこともありません。

何より安いですしね。

ちなみに、ノイキャン機能のあるイヤホンやヘッドフォンも悪くはありませんが、
どれもまともな商品は高額な上に、
高額だからといって、全ての音が消せる訳ではありませんし、
それどころか性能的には、キングジムの耳栓と変わりません。

しかもノイキャン製品は電池持ちが悪いので、その点もネックです。

私は高いお金を出して、ノイキャン製品を買うメリットは残念ながら感じませんでした。

という訳で、ノイズキャンセリングや耳栓についてのお話でした。
皆様の参考になりましたら幸いです。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA